不動産を買ったときの税金や諸費用。

印紙税  仲介手数料  登記料(司法書士手数料)  火災保険料

住宅ローン事務手数料、保証料  固定資産税や管理費等の日割り清算金

建物表示登記料(新築のみ)  不動産取得税  建物解体代  その他

 

購入時の仲介手数料

不動産売買の仲介手数料の正規計算式は下記のようになります。
(国土交通省告示第1552項・宅地建物取引業法第46条第1項より )

200万円以下の部分は5%、200万を超え400万円以下の部分は4%、400万円を
超える部分は3%です。
ものすごく解りにくいので、計算式にすると3%+6万円になります。
ほとんどの不動産業者は課税業者ですので、仲介手数料は
3%+6万円と消費税なります。

例1: 5,000万円の中古一戸建てを買った場合の仲介手数料は
5,000万円の3%+6万円=156万円とその消費税5% 78,000円の
合計1,638,000円となります。

例2: 5,000万円の建売新築一戸建て(新築建物の消費税金額の50万円)を
買った場合の仲介手数料はその新築建物の消費税金額の50万円を引いた
4,950万円の3%+6万円=1545,000円とその消費税5% 77,250円の
合計1,622,250円となります。

※支払い時期は、契約時半金、物件引き渡し時残金か、物件引き渡し時に全額
  が一般的です。

 

株式会社明和住宅